気になる悩みを治療できる目頭切開や脂肪吸引などの技術

余計なものは取り除く

派手な服の女性

豊かなバストに憧れる女性は多く、豊胸手術は美容外科でさかんにおこなわれています。 一昔前は豊胸手術では、シリコンバッグや生理食塩水のバッグが挿入されることが多かったのですが、昨今では体の他の部位から採取した脂肪が注入されることが増えてきています。自身の脂肪ですから、シリコンや生理食塩水のような異物を入れる場合と異なり、拒否反応が起こりにくく、安全性が高いのです。また脂肪ですから、見た目や柔らかさが自然なものとなります。 ただし採取した脂肪には、老廃物や劣化した細胞なども含まれています。それをそのまま注入すると、バストにしこりができてしまうことがあります。 そのため現在は、採取した脂肪から不純物を除去した上で注入する方法が主流となっています。この方法なら、注入した脂肪が定着しやすいですし、しこりもできにくいのです。

美容外科での脂肪注入による豊胸手術では、事前のカウンセリングが特に念入りにおこなわれます。バストに脂肪をどのくらい注入するかということはもちろん、どの部位からどのくらい採取するかといったことも、決めなければならないからです。 採取することで、その部位からは脂肪がある程度なくなります。つまり脂肪がなくなる分、その部位は細くなるということです。そのため美容効果を考えて、豊胸手術における脂肪の採取は、ウエストや太ももからおこなわれることが多いです。そうすれば、バストを大きくすることができるだけでなく、ウエストや太ももを細くすることもできるからです。もちろん、脂肪が気になる他の部位から採取してもらうことも可能です。 このように豊胸手術では、カウンセリングをしっかりと受けておくことで、バストだけでなく他の部位をも美しくすることが可能になるのです。